ザンカの雑日記

DIY・自作PC好きのなんでも屋。情報処理業界の片隅に在籍しています。

課題に挑戦する前の課題

2日前の記事「販促、一つ改善に取り組んでみましたが・・・」の中で課題になって先送りにした「FireBaseプロジェクト管理」の続きです。

Google先生に「使ってないプロジェクトを管理しておけ」と叱られたのですが、雑務と苦情処理に追われていた後に時間が少し出来たのと、ずっと気になったので再度整理を試行。前回で既に、FireBaseプロジェクトを消去する上で問題となっているDialogflowプロジェクトは消去していたのだが、リーエンは生き残っていたらしい。正直、このリーエンなるものはよく理解できていない。Google Cloud Platformより表記されたリンクを辿って再度削除とシャットダウンを試みることに。

f:id:pcngk:20210110165116p:plain

たくさんの資料を参考にさせてもらいましてDialogflow(ES)は無事消去、エージェントも消えたのだが、何故か「Dialogflow CX」のプロジェクトは消えていない。調べようにも厄介なことに参考にできる情報が少なく、エージェントはまだ作成されていない、としか判別できない。DialogFlowESとCXについての記事など参考になるのですが、CXが自動生成された?と予測を立てたりは出来ても、関連性や生成されていないプロジェクトが残ってしまって、Google Cloud Platformに影響を及ぼしていることまでは時間不足で辿りきれない。そもそもDialogflowを設定したのは、AIでの画像認証や、GoogleHomeアプリ作成に挑戦した時に、資金と時間不足で達成する前に諦めざるを得なかったからだったのですが、同様に資金と時間、その他諸々の不足で今回の挑戦時間が少ないことへの首を絞めてくるとは。基盤がないとはかくも弱いものか・・・

DialogFlowESは消去済みでも、当然のようにシャットダウンエラー。

f:id:pcngk:20210110170524p:plain

原因もGoogle Cloud Platformの設定回りを詳しく辿って行く必要がありそうであった。Google先生が11日に強制停止するぞ、といっている前にきちんと管理しておきたかったが、今回は時間が圧倒的に不足しているので、現状の課題に戻って、今度余裕がある時に対処しようと逃げてみる。

 

 

追伸1月12日です。

取り敢えず、機能性を満たす方向性では問題なかったのでサーバーテスト。書き込み読み出し、検索やid検出も必要か。
明らかに拙速で、出来としてはあまり見たくないくらいの完成度、おそらく間違いなく、たくさんのバグが含まれている。だけどまあ、縁がある方々が大変な事になっているらしく、また目立たないフォローサポートに色々と。

ただ自分でも不思議なのだが以前三日間以上詰まっていた箇所が一瞬でコンパイルが通ったことがあり、自分の成長以後の要素も強いように感じることも。

デザインは本当に最低限度というか、ナビゲーションも設定してない無いに等しい程度。肝心の部分はDBとの関連性だけど、個人も当然ながら、取り分け企業関連では認証は強固でなければならないので、テスト検証も時間を取られそう。入力サポート機能を強化すること、プログラム周り、インパクトと惹きつけるデザイン、セキュリティとDB連携の発展性。
やることは非常に多いけど、1つ目処が立つとだんだん、心做しか処理が早くなっていくのを感じる。達成感を自分に与えることが結構大切なのだろうとはよく云われるけど。
今度は何とか、形を与えれるまで、何としても、どれだけ否定されても、何と並行してでも、最後まで走り抜きたい。

 

追伸1月13日です。

続きに、きちんとしたデバッグやデザインの整理、操作性や軽量化などの拡張をやるべきであるのですが、これはこれ、従来よりの流れに乗る必要があり、逆に今しか出来ないこともあるので。

基本はログインでのSSL導入で、これは意外にそれほど高度ではない。また離脱を防ぐインターフェースとして考えれば、画像認証は使用しなくても良いと考える。
ここで必要不可欠なのは電話認証だろうことは推察できる。まず、これが成立している時点で、架空の電話番号でないことが保証されている。また現状では、パスワードのみでなく電話番号認証を提供できなければ、セキュリティ意識も技術も低いと評価されてしまう。セキュリティでは2媒体以上の使用が推奨されるが、2段階認証はやはり煩わしいので、理想はメールリンクをクリックしての認証。電話へのSMS送信による認証はオプションで問題ないはず。

仕様として、登録時にDBに登録済みのユーザーIDと重複しないものを提案、もしくは割り当てていくのは大切。また普通に考えれば、もし法人関係の相手であれば、お手軽なSNS認証は使用しないと考えられる。

 

追伸1月14日、先日の途中書きの続きです。

お手軽な認証について、法人とは異なりSNS認証は個人ベースなら有効なので、活用性は高そうです。以前弄った時にはあまり深入りしなかったのですが、今更ながらHostingといい認証といい、応用できる範囲はかなり広そうです。
テストでメール/パスワード認証を行ってみたが、何とかなりそう。実装まで確定させないと後に宿題が増えそうだが。

次は肝心のメールリンクやSMSなど、2段階認証が必要ですが、これはセキュリティ周りがどうなっているか、確定させていかないといけないと。

 

追伸1月15日。

1つの記事で長すぎるので、そろそろ題名も切り替えようと思います。

昨今起こった一連の流れを見ていることもあるのですが、週末に実施する作業の下準備もあり、少し時間が足りない状況。キーボード環境改善・改造のために以前着手して、途中やりになっていた要素ですが、より専念するために重要そう。2~4時間で済むか判らないので中々踏ん切れないでいますが、やり切ってしまえば効率の向上にもかなり期待できそう。

現状のお題、改構築で取り敢えずやっておかなければならない分野は、 firebaseユーザー認証(Authentication)ですが、ログインは基本インターフェースUIのままでは苦しい。実装としてデザインと機能性を高めるPGをJavaScript/CSS、またフレームワークの再構築が必要なのですが、完全なものは際限もないので、機能性の実装までを1つのステップと考える。週末には目処をつけて、取り敢えずのレイアウトにフォーム機能性を組み込みたいが、現状では入力フォームの機能性向上の要件として、カレンダーや整合性チェックなど、基本部分は押さえれているが、これを1つの形として完成させたい。

デザインも工夫しだすと際限がないので、ある程度のディスプレサイズに対処できる所まで行ければ御の字だろうか。今月下旬には可能な限り、別のお題に取り組みたいので何とかしたいので。