ザンカの雑日記

DIY・自作PC好きのなんでも屋。情報処理業界の片隅に在籍しています。

急遽、自動応答システムをさわる必要が出たので

前に仮構築まで何とか持っていったことがあった自動応答システムですが、火急の用で久しぶりに追いかけてみるとやはり面白い。小さな労力で動かすことが出来る、クラウドの醍醐味、というものを感じさせてくれます。

APIを経由して電話・SMS・FAXと幅広いチャンネルを組み込んだシステムを構築できるクラウドサービスで、かなり以前からあるTwilioというサービスなのですが、スタートアップや中小企業での有用性は結構ありそうで、自動音声応答(IVR)も自由に作れてしまったりします。

cloudapi.kddi-web.com

 

取り分け小さな事務所などでは利用価値は高そうで、すぐに対応できないお客さんにあらかじめ必要なご案内をしておき、用件を選択しておいて貰ってたり、電話で伝えにくい内容なども架電して貰っている「つながり」が切れない状態のままに、情報をより伝えやすい別のチャンネルを用意して確認してもらう事もできます。

何らかの込み入った事情があって、電話に出れない条件なども、緩和できるかも知れませんね。(完全に個人的な事情です

 

コールセンター業務の補助に開発を検討したこともありました懐かしいものですが、当然ながらマシンボイスです。声の種類は幾つか用意されていますが、イントネーションも抑揚も「まあ機械だから」というレベルで仕方がないものなのが唯一の泣き所。

ただ当時より解決する手段として「試してみたい」と考え続けていたもので、AITalk  という自然音声を合成で自由に作り出して扱うことが出来るサービスがあります。これはSDKも提供されているので探求し甲斐がありそうで、いつか技術責任者になったら是非テストしてみたいのですが、試しに使わせて頂くことは出来ないかな・・・

www.ai-j.jp

 

このTwilioを利用したシステム、最も特徴的なものはFAXを自由にシステムに組み込める所かも知れません。FAX需要は確実に減っていますが、老人福祉施設や町内会、はたまたメールの使用制限がきつい企業環境などでも(これが意外にも結構あったりします)まだまだ現役で活躍中な場面は多々あり健在です。そうした世界では逆に求められる要素としては大きいのではと感じる場面も多く、マーケティング的な側面からのニッチ市場狙いとして逆に需要もあるので考えています。

並行的にWeb系統をさわる必要もありそうで大変ですが、少しでも進めていきます。

急に方針を変更すると当たり前のように失敗する

昨日は失敗した。


これまでWebをコツコツ部品ごとに構築。同時に導線の設計と拡張、市場キーワードの調査を進めていたのですが、取り敢えずの成果、を考えて方針を急遽変更する必要があり、昔使ったTwilioによる疑似コールセンターの構築を扱ってみたのですが、本格的な再開には、かれこれ離れて3年以上。


電気通信事業法や犯罪収益移転防止法に準拠する為に基準も再手続きも非常に煩雑になっていて、余計に時間を取られる状況に。
気付いて思い立ったのが土曜日夜分、何時もながらこうした形でしか追いかけるのが難しいのが悔しいところ。予算が少ない所を弱小ならではのやり方をしていきたいとは思う。
自分にせめて何が出来るか、来年の大河ドラマまでには報告したい方もいるのだけど、どうなるだろうか。

分散と非継続性

webページを触っていたが、新しい命題が発生して
そのためにLP、いわゆるランディングページらしきものを作成する必要があった。

扱っている在庫があるのだが丸々処分することになり
それを売ることができれば、利益もその後の展開も広がるという話。

こうしたことにリソースを割かざるを得ないのは相変わらずなのだが
処分されるのは時間との闘いなので、優先事項となってしまう。

 

年末までに何とかしたい案件が、あと5つもある。

実際問題、仕事が遅い自分としてはこれ以上は増えて欲しくない。それが例えこれまでと異なり同系統のもので「つながって」いても、構築するまでにイメージと構想からする必要があるから。

明確なラインがない時、こういった時に苦しさを感じる。週末しかまとまった時間がないにも関わらず、既存のものを後にしたのは失敗であった。

ケリはつけたいのですが、途中の話は一切通らず、どこに着地するか不透明な状況が続くのが相変わらずで、積み上がりにくい状況が続いている。

Adobeの技術

最近はよく、Webサイトの比較研究を行っている。

 

出来上がるのは、来月までか今年中か、何時になるかは正確には判らないが。
将来的にWebサイトを構築することを想定している。

やるべきことが沢山あって、フロント/バック/サーバーでの構築、想定した分野のWebクローラー作成もそうなのだが、取り敢えず自動化サービスを利用して、挑戦すべき分野のSEOキーワードを調査している。また個人的にシステム構築も触って進めていく必要があって亀の歩み状態だ。

 

中でもデザインセンスは、ほぼ"ない"に等しい程度なのだが、想定している分野のレイアウトを比べていると、どうすれば良いかはボンヤリと判ってくる。(技術がある方のお話を参照していると、デザインとレイアウトは全くの別ものだそうです。)

ただ、たくさんの資料を見比べても、やはり決定打はないので、それで取り敢えず幾つかイメージを適当に書く---カッコよく、プロトタイピングと言い換えてみる----のだが、やることが分散してまとまらないまま、徒に時間を空費する悪習慣が続いている。

幸いにしてAdobeライセンスが使用できるので、Adobe XDで作る習慣も少しづつ立ってきている。チョットデキル(いやド素人レベルです)イラストレータの操作がそのまま使えるのは有り難い。

 

ただこうして書いてみて、少し方向性が以前より定まった気がする。
何でも良い、関連する分野をひたすら挑戦して、書き続けていこうと思う。

再開のご挨拶と、思い直すこと

以前、挑戦してから丁度4ヶ月経った。

ブログというものに縁遠い生活を送ってきたのと、少し凝り性な所があり始める前に挫折する事が多かったのですが、未熟な者として、自由形ブログという形で、修正を続けながら向上していくことを当面の目標としていきます。

届く範囲で、少しつづ届けるのに相応しいものを書き続けていけたらと。